×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パスモ ストラップ入手方法情報!

パスモ ストラップ入手方法

カテゴリー :パスモ ストラップ


パスモのキャラクターのロボットがストラップになったのですね。
ピンクのロボット、なかなか可愛いです。
販売はしていなくて、促進販売用に作られ、配られたもののようですね。
初めの頃は、珍しいノベルテイー商品としてネットオークションなどに出品され、9000円ほどの高値をつけていたみたいですが、その後、500円くらいに落ち着いたようです。
ケータイにつけると可愛いみたいですね。ロボットの作りも細かいところまで細工され、手に持っているカードにちゃんとラインまで入っているようです。人気を博したようなので次回も記念のストラップやマスコットをプレゼントしてくれる企画を立てて欲しいですね!
女子高生の間では、ストラップ集めが流行っているみたいですね。
たらこのキュピーや、ご当地キティー、かわいいブタのシリーズなど一見奇妙なものも流行っているみたい(笑)
なにかと堅いイメージのある鉄道業界だけれど、パスモのロボットや、スイカのペンギンがそういうイメージを払拭するマスコットになるといいですね。まだ名前が付いていないようなので、だれか名前をつけてあげるといいのではないかな。
今は配られていはいないので、入手したい方はネットオークションなどで入札するといいと思います。

コラム > パスモ ストラップ入手方法について書かれています。

パスモ パスモ定期券

カテゴリー :パスモ 定期券


パスモには色々な種類のパスモがあります。
無記名パスモ・記名パスモ・小児用パスモー・パスモ定期券・オートチャージ機能付きパスモ となります。
無記名パスモは汎用タイプのもので、だれでも使用でき、基本的なサービスは受けられるものの、紛失時に再発行をしてもらうことができなません。
記名パスモは、個人情報(氏名等)を登録することで使用できるもので、記名人のみが使用できるものです。紛失時に再発行してもらうことができ、定期券情報を追加するとパスモ定期券にすることもできます。
小児用パスモは、記名パスモのうち、小児用の運賃を引くように設定したものです。12歳まで使用することができます。
パスモ定期券は、記名パスモに定期券情報を追加したものでチャージすと定期券区間外を利用した分の運賃も自動改札機で自動的に精算されます。
オートチャージ機能付きパスモは、カードまたは鉄道事業者が発行する対応クレジットカードに紐付けされて発行される専用のパスモで、チャージ額が設定額を下回った際にクレジット決済で駅の自動改札機にて自動的にチャージされる機能が付いています。
それぞれの用途に合わせて選ぶことができるので便利ですね!

コラム > パスモ パスモ定期券について書かれています。

パスモ パスモ定期券購入時の注意点。

カテゴリー :パスモ 定期券


パスモ定期券を購入するときに気をつけなければならないことがあります。
新規にパスモ定期券を購入する場合にはデポジット500円が必要になります。オートチャージサービス機能付きパスモに定期券を購入する場合、定期券の発売箇所、発売区間、支払い方法(現金/クレジットカード)は、通常のパスモと同じになります。
駅等で購入したパスモ定期券に、後からオートチャージサービス機能を追加することはできません。
パスモで入場後、出場する前に定期券を購入すると、出場時に改札機での運賃計算ができないことがあるので出場後に購入すること。
パスモには、鉄道・バスそれぞれの定期券を1種類ずつ購入することができます。
現在使用中の磁気定期券をパスモ定期券に変更する場合はパスモに定期券を購入することができます。
今使っている磁気定期券をパスモ定期券に変更することもできます。
従来の磁気定期券と同様の区間を購入できますが、パスモには発売できない種類や区間の定期券もるので注意が必要です。

パスモには色々な種類があり、その種類によって購入方法や、使用の仕方が違ってくることがあるので、良く調べてから購入することをオススメします。後から変更ができることもあれば、できないこともあるので要注意が必要ですね。

コラム > パスモ パスモ定期券購入時の注意点。について書かれています。